2010年08月03日

嘔吐恐怖症とは

嘔吐恐怖症というのは自分が嘔吐することや他人が嘔吐することを見ると恐怖感を感じてしまうという症状のことをいいます。

パニック障害の一つとも言われているのですが、場合によってはうつ状態を併発するというようなこともよくあります。

嘔吐恐怖症になる原因というのは、小さい頃に自分が嘔吐をしたことがあるという人はそれがきっかけで、恥ずかしい気持ちになったり苦しかったということがトラウマになってしまうという人がいます。それがきかっけで大人になってからも嘔吐に対して恐怖感を感じるというものです。

嘔吐恐怖症は嘔吐に対して動悸がしたりめまいを感じたり、場合によっては震えが止まらないというような人もいます。

体調不良で嘔吐の症状が出そうになった場合でも、恐怖症の症状が勝ってしまって嘔吐できないという人もいます。

嘔吐恐怖症の症状は色々とありますが自分の嘔吐にだけ恐怖心を感じる人もいれば、他人の嘔吐にだけ恐怖心を感じるという人もいるのでその症状の出方は色々です。

嘔吐恐怖症の治療方法としては、嘔吐に対してとにかく恐怖に感じることを取り除いてあげなければいけないのですが、外出すらままならないというような人の場合には、少しずつ外出の範囲を広めていく治療法がいいと思います。嘔吐の感じを軽くするための薬などもあり、ドンペリドンという薬が処方され、薬を飲んで治療を進めるという人も中にはいるといわれていますが症状によります。
ラベル:嘔吐恐怖症
posted by nonkyoufu at 14:29| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対人恐怖症とは

対人恐怖症というのは、人とのコミュニケーションをとることや接触することに対して恐怖感を感じて、それを自然に避けてしまうような症状のことをいいます。

対人恐怖症にかかっている人というのは日常生活や社会生活を送る上でも何らかの支障が出てくるといわれていますから、かなり大変な症状です。

アメリカやイギリスなどでは、対人恐怖症という病気はないと言われているのですが、これは日本人特有の病気であるとも言われています。

人と同じようにしないようにと思ったり平均をとらないといけない、いい子にならないといけない、目立ってはいけないといった小さい頃からの日本の文化などが対人恐怖用を作りだしているとも言われています。


対人恐怖症にはいろいろなタイプがあります。たとえばグループ恐怖症といってグループ活動を行うことに対して極端に恐怖心を抱くという人もいます。

個人で接する上では大丈夫なのにグループになると恐怖心が出るというタイプです。そして人前で話をするとかスピーチをするという場合には汗をかいたり声が出なくなるという対人恐怖症の人もいますし、ひと前でご飯を食べることが緊張に感じて喉を通らなくなるという人もいます。

ふるえ恐怖症というのもいるのですが、人の前でサインをしたりするというような仕事に就いている人、バイオリニストなどは自然に人前で手が震えてしまったらどうしようと思ってしまうがために手が震えてしまうというような人もいます。
ラベル:対人恐怖症
posted by nonkyoufu at 14:28| Comment(0) | 対人恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性恐怖症 男性恐怖症 男性恐怖症 男性恐怖症とは

男性恐怖症は女性に多く見られる恐怖症の一つです。

男性とコミュニケーションをとるのが苦手であったり、男性に触れるだけでも不快な気分になったり、不安になったりするというのが主な症状です。

また男性とコミュニケーションをとると顔が赤らんでしまったり、男性と同じ空間にいることすら耐えることができないといった人も多いでしょう。

重症な人の場合には、男性が近くに歩いてきただけでも男性恐怖症の症状を発病してしまうというケースもあるといわれています。


男性恐怖症になった原因は人それぞれ違っているのですが、女性に多いと言われているのが性的被害にあってしまったことがあるとか、父親に小さい頃に虐待を受けたことがある、小さい時に男の子にいじめられたりからかわれたといったことがトラウマになったために男性恐怖症になるというケースは多いと言われています。

しかし恋愛にただ単に興味を持てない人や、男性と付き合うことに対して興味を持っていない人自体を男性恐怖症だと思いこまれることもあるのですが、実際に男性恐怖症といえるのは男性に対して恐怖心を抱いているような症状のことをいいます。

女性に多い男性恐怖症の症状ではありますが、男性でも発症をするといわれています。男性から性的虐待を受けたことがある人などは男性恐怖症になるということもあり、男性が発症した場合には同性であるのに男性と接することができないことから、仕事上でも支障が出てきて大変なこともあります。
ラベル:男性恐怖症
posted by nonkyoufu at 14:27| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉所恐怖症をチェック!

閉所恐怖症というのは恐怖症の一つですが、狭い場所や閉ざされている場所などに危険を感じたり恐怖心を感じるという症状のことを言います。

閉所恐怖症の場合には閉塞感が関係して発症しているといわれています。たとえば閉所恐怖症になるというケースは色々とあるのですが、小さい頃に狭い場所や閉ざされた場所に閉じ込められていたことが原因で、狭い場所に対して恐怖感を感じてしまったという人が多いと言われています。

恐怖感は小さい頃だけでなく大人になってから、エレベーターの故障により閉じ込められてしまい危険な思いをしたということから、それ以降そのエレベーターの事故が原因となって閉所恐怖症にかかってしまったというケースもありますからその原因は色々です。

閉所恐怖症の人というのは、自分では日常生活を送るうえで狭い場所にはいかないように気をつけながら生活をしているので、特に発症するということは少ないと言われていますが、たとえばエレベーターに乗らなければいけない高層ビルなどが会社の場合に、朝に満員のエレベーターに乗るのが毎日苦痛であるというような人もいます。

また通勤のために乗っている満員電車の中が狭くて窮屈で発車時刻が大幅に遅れて止まったままの状態であった場合などに、閉所恐怖症を発症してしまいパニックを起こしてしまうというような人も中にはいます。閉所恐怖症はただ単に狭いというだけでなく身動きが取れない状況にも恐怖感を抱きます。
ラベル:閉所恐怖症
posted by nonkyoufu at 14:25| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性恐怖症とは

女性恐怖症は恐怖症の種類の一つですが男性に多い症状です。

女性とコミュニケーションをとることに対して極端に恐怖心を抱いてしまったり、女性と話をすると顔が赤くなったり、女性と一緒にいるだけで気分が悪くなるといった症状が出る人のことをいいます。

男性なら誰もが思春期に一度はこの女性恐怖症に似た感じを体験することもあるかもしれませんがそれは一過性のもので、大人になってもいつになってもこの不快感や女性に対する恐怖感が消えないという場合には精神的な異常ということになります。

男性によくある症状ではありますが、女性の中にも同じ女性同士なのに女性恐怖症になるという人はいるといわれています。

女性恐怖症になる人の理由はたとえば女性に性的虐待を受けた経験があるとか、小さい頃には母親から虐待を受けていたといった女性に対してのトラウマが原因になっていることが多いとも言われています。

女性恐怖症のタイプや症状は色々とあり、会話をするくらいなら特に問題はないという人も多いのですが、触られたりすると極端に不快感を示してしまうという人などもいます。

女性に近づかれる、触られてしまうと生理的反射で女性を避けてしまうという傾向にあり、女性恐怖症を持病としている男性の中には、自然と女性とかかわりたくないという気持ちが多く、わざわざ男性ばかりの職場を選んだり、女性とお付き合いすることもなく独身でいるという人も中にはいるといわれています。
ラベル:女性恐怖症
posted by nonkyoufu at 14:24| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対人恐怖症、赤面症のチェック

対人恐怖症であるかどうかをチェックする方法があります。

これから紹介することに当てはまることが多ければ多いほど対人恐怖症である可能性が高いので注意した方がいいでしょう。

まずは対人恐怖症のチェックとして人の前で話をしたりするのが極端に苦手であるという人。

スピーチをしたり会議で発言をしたりプレゼンをしたり、人の前に立つのが苦手な人やいざスピーチをしようと思うと頭の中が真っ白になってしまうような人、こえが震えてしまう人は対人恐怖症の可能性があります。

そして人前に出ると自然に顔が赤くなるという人や、男性や女性、異性を前にすると顔が赤くなるという人は赤面症ですが、これも対人恐怖症の種類の一種と考えられています。

ひとに見られていることに対して過剰に反応してしまったり顔が赤いと指摘されたことがきっかけで対人恐怖症になるという人もいます。

そして人とコミュニケーションをどうとっていいのかわからない人や、人とコミュニケーションをとると緊張したり少し苦痛を感じるという人は対人恐怖症の典型的な症状です。

他人の視線についても気になって見られているのではないかとプレッシャーに感じるという人も対人恐怖症である可能性が高いでしょう。


対人恐怖症のチェックポイントの中で食べているところを人に見られると喉を通らなくなるというような人がいますが、これは対人恐怖症の一種である会食恐怖症です。

電話がかかってくると他の人にその内容を聞かれていると思ってしまって電話に出ることができないという人も対人恐怖症です。
posted by nonkyoufu at 14:23| Comment(0) | 対人恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高所恐怖症とは

高所恐怖症は恐怖症の中でも、特に精神科に通った方がいい不安障害とも言われています。

ただ単に高いところが苦手だから高所恐怖症だと言っている人が中にはいると思いますが、これは実は正確にいえば、高所恐怖症ではなくて、高所恐怖癖という状態で、単なる「苦手程度」の領域です。

真の高所恐怖症になると、それだけでは収まらず、実際に高い場所に行くと危険を感じたり異常な行動に出たり倒れたり動けなくなるほどひどいものなどもあるのです。

高所恐怖症であると自分で自覚していて、高いビルの屋上などにいって、「自分は高所恐怖症なので怖い」と言っている分には、高所恐怖症ではなく高所恐怖癖にあたります。

本当に恐怖感を抱いたている人の場合には高所へ行くということはありませんし、精神状態も安定せずに平気でいられないことが多いので、怖いと口では言っていても、それがまだ冷静さを保っている分には高所恐怖癖に入ります。

冷静さを保つことができなくなり、パニックを起こしたり倒れたり危険を感じすぎて思わぬ行動に出たりする可能性がある・・・これが高所恐怖症の特徴です。

高所恐怖症の反対の意味あいで高所平気症という症状があります。これは高いところなどで育ったために、高いところに対して恐怖心や危険感を感じなくなってしまった症状のことで高所恐怖症も問題ではありますが、実は高所平気症も精神問題になっているといわれていることはあまり知られていません。
ラベル:高所恐怖症
posted by nonkyoufu at 05:56| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視線恐怖症とは

視線恐怖症は恐怖症の一つですが、対人恐怖症の中に含まれているというケースが一般的です。

視線恐怖症には数種類があります。

まず、自己視線恐怖症というのは、自分の視線を気にするというもので、自分の視線が自然ではないことが他の人に不快感を与えているかもしれないと思って自分の視線を気にしすぎて、人と接するときなどにも視線の置き場所に困って戸惑うといった恐怖症です。

正視恐怖症は、人とコミュニケーションをとる際に人の目を見て話ができない人をいいます。人と面と向かって話をするのがとても苦手で、相手の目をしっかりと正面を見て話すことに恐怖を感じるというのが視線恐怖症です。それと同時に自己視線恐怖症もいっしょに併発しているという人も多いと言われています。

また、他者視線恐怖症という症状もあります。他者視線恐怖症の症状というのは、他の人の視線に恐怖心を感じるというものです。自分の動作や見た目など、ひとからどんな風に思われているのかということに対して過剰に気にしすぎるために他者視線恐怖症は悪化する傾向にあるとも言われています。
大勢の人が集まるような公共の場所にはいけないことにもつながります。

さらに、脇見恐怖症です。脇見をしている感じで人を見てしまいます。見たくないと思っていても脇見しながら見てしまったりして、自分はまた見てしまったと自己嫌悪感になるということなどもしばしばあります。
ラベル:視線恐怖症
posted by nonkyoufu at 05:52| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐怖症の種類

恐怖症は色々な種類があります。

まず聞きなじみのある恐怖症から紹介したいと思いますが、高所恐怖症は聞いたことがある人も多いと思います。これは高い場所に対して恐怖を感じている人のことです。

そしてその逆に低所恐怖症というのもいます。こちらは低い場所に恐怖を感じる人のことです。

そして暗所恐怖症も聞いたことがあるのではないでしょうか。これは暗い場所が怖いという人です。

狭い場所や閉ざされた場所に恐怖を感じるという人は閉所恐怖症といいます。

その反対として広場恐怖症というものもありますが、広場恐怖症というのは、広い場所という意味合いでたとえば旅行先や外出先など広い場所で何かパニックが起きたり恐怖症の発作が起きてしまったらどうしようというような恐怖感を抱くことを広場恐怖症といっています。パニック障害の初期の段階とも言われています。

そして他にも飛行機に恐怖を感じる飛行機恐怖症や、人全般に恐怖心を抱いてしまう対人恐怖症、男性だけに恐怖心を抱く男性恐怖症、女性に恐怖を抱く女性恐怖症、動物に恐怖心を持ってしまう動物恐怖症といった症状があります。

そのほかには、身体醜形恐怖症というものもあります。これは自分の体にこだわりすぎたために起きる脅迫障害の一環です。

他にも植物恐怖症や、クモ恐怖症、先のとがったものに恐怖を感じる先端恐怖症などもあります。

少し変わったものでは嘔吐恐怖症があります。これは小さい頃に嘔吐した経験がトラウマになっていて、他の人の嘔吐を見ると恐怖を感じるというものです。
ラベル:恐怖症
posted by nonkyoufu at 00:26| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐怖症とは

恐怖症とは何か物事や人に対して恐怖心を過剰に感じるという精神疾患のことをいいます。

恐怖症は他人には理解されにくい理由が原因で、心理学的なことや生理学的に少し異常な反応を起こすといわれている精神疾患の種類の一つにあたります。

日本では恐怖症といわれていますが、英語で言うとフォビアというような形で名前が付けられています。

恐怖症は大きく分けると三つのジャンルに分けることができます。

1つ目は単一恐怖、

そして社会恐怖、

三つ目は広場恐怖という三つのジャンルに分けられます。

単一恐怖というのは、たとえば何か特定の1つのものに対して恐怖感を感じる恐怖症で、たとえば犬だったり虫だったり一つのものごとに対して恐怖心を持つことをいいます。

恐怖症というのは精神障害の一つで不安な精神障害になります。アメリカでは恐怖症についての研究が行われたのですが、アメリカ人の全体の5%から20%の人が恐怖症にかかっているといわれています。

恐怖症にかかってしまいやすい人というのは、女性は特に年代は関係なくどの年代の人でも少しのことがきっかけで発症しやすいと言われています。男性の場合には25歳以上の人が発症する精神病の中でも恐怖症は2番目に多く発症する可能性が高いと言われています。

単一恐怖は生き物だけに限らず、暗いところや狭いところ、高いところなどに対して恐怖感を感じるというようなことも恐怖症に入り、高い場所が怖いという人は高所恐怖症といいます。
posted by nonkyoufu at 00:24| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。