2010年08月05日

飛行機恐怖症

飛行機恐怖症は飛行機に対して恐怖感を抱くという症状のことをいいます。

飛行機恐怖症の人は飛行機に乗ることが怖いと感じてしまいます。

原因になるのは人それぞれ違っているのですが、たとえば過去に起きた飛行機事故のニュースを見たりしたことによるトラウマで自分が実際には体験していなくても恐怖感が頭に植えつけられて飛行機恐怖症になるということがあります。

そして他にも自分の知り合いなどが飛行機に関するトラブルなどに巻き込まれていることなども飛行機恐怖症にかかる原因です。

例えば1985年に日本航空123便が御巣鷹山に墜落したときは本当に悲惨な映像が繰り返し放送されましたし、2001年9月にはアメリカ同時多発テロが日本でも生中継され、ニューヨークの貿易センタービルに2機の飛行機が突入する映像が放送されました。

その映像を見たことがトラウマになって飛行機恐怖症を発症した人は世界中にいるといわれています。

飛行機の死亡事故に合う確率というのは50万分の1といわれているので、他の事故に合う確率よりかなり低いのですが、それでも飛行機事故に合うとほとんどの人が死亡してしまうことから、飛行機に対する恐怖心をぬぐいきれない人も多いのです。

飛行機恐怖症の症状が重症の人の場合には飛行機を乗らないように移動する方法に変えたり、生活や仕事にも支障が出るという人などもいます。
ラベル:飛行機恐怖症
posted by nonkyoufu at 12:18| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。