2010年08月07日

脇見恐怖症とは

脇見恐怖症とは脇見恐怖とも言われることがあるのですが、男性の場合には、女性の足や胸元というのは視線が自然に行ってしまうことがあると思います。

それが他人に分かってしまうと人からいやらしいと思われたり、変な人だと思われるのではないかと変異意識してしまって、その部分に視線を向けないようにしようと思えば思うほどに、どこに視線をおけばいいのかわからなくなって視線のやり場に困るという症状があります。これが脇見恐怖症です。

自分がやってはいけない見てはいけない所を脇見してみてしまうことで人から変人扱いされるのではないかと思っただけで恐怖感を感じてしまうというのが脇見恐怖症です。

脇見恐怖症というのは、視線恐怖症の一つに含まれていて、正視恐怖症や自己視線恐怖症といったような感じで視線に関して恐怖を感じてしまうというようなものです。

個人によってその症状は色々で、対人恐怖症の一環として脇見恐怖症を併発している人が多いのも特徴です。

原因となっているのは自分が見てはいけないと思っていることをしていると他人から指摘されるのではないのかということについて意識が過剰になっていることが原因です。

脇見恐怖症は、目の置きどころや心の置きどころがないことから発症するといわれていますから薬を飲んでも一向に良くならないと思います。

とらわれを解消するということが大切ですがそのためにはカウンセリングを受けたりセラピーを受けたりするということが大切です。
タグ:脇見恐怖症
posted by nonkyoufu at 22:10| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。