2010年08月07日

歯科恐怖症

歯科恐怖症とは単一恐怖症の種類の一つなのですが、歯科が好きだという人はいないと思いますが、いやだと思っていてもそれほど恐怖感や危機感を感じるという人は少ないと思います。

しかし歯科恐怖症を発症しているという人の場合には本気で歯科へいくと恐怖心を抱いたり危機感を抱くというような症状が現れて不快になることはもちろんですし、それだけでなくパニックを起こしてしまうということもあるといわれています。

歯科恐怖症になる人の原因として多いと言われているのが、一番は幼少期に自分が歯科で何か恐怖を味わったということです。

歯科で恐ろしい体験をしたことがあるという人は、それがトラウマになって、大きくなっても、歯科へ行くとその時の恐怖がよみがえって自分ではどうしようもないほどに恐怖がパニックを引き起こして大人なのに取り乱してしまうというケースもあります。

両親が歯科恐怖症だった場合には、その子供も、遺伝ということではないのですが、そんな両親の元で育ったことが関係して、歯科恐怖症になるということはよくあると言われています。

歯科恐怖症はトラウマが原因になっていることが多いですから、トラウマになっていることを解消するということが大切です。

少しずつ通っていて、歯科が安心できる場所であるということを認識することも大切なことですし、それだけでなく歯科恐怖症であることを自覚しているのであれば早めにセラピーなどを受けて克服するといいでしょう。
タグ:歯科恐怖症
posted by nonkyoufu at 22:11| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。