2010年08月07日

恐怖症の治療

恐怖症の治療はそれぞれなにが原因でなにに対して恐怖症になっているのかということに対しても治療方法は違ってきます。

恐怖症になる原因の多くが幼少期のトラウマが原因であるということはよく言われていることなのですが、それに加えて何か不安に感じているようなことがあったり、心の病が原因で恐怖症になるということが多いと言われています。

体の病気に比べると恐怖症は心の病ですからなかなか治療法が見つからないといわれています。なぜ治療法が見つからないのか、それは体の病気においては何が原因であるか特定することが可能ですが、心の病の場合には何が原因で起こっているのかを知ることすらままならないからです。

恐怖症を治療する、克服するということは、何が原因で起きているのかということをまずは見つけることから始まり、それが重要なポイントになってきます。

人というのは何か物事を考えるにあたっては力を使っています。

疲れたり楽しいといった感情も一つ一つ力が使われています。恐怖症のことを考えている時も力を使っています。

恐怖症のことばかりを考えている人は力を使いすぎてマイナスなことばかり考えるようになってしまうとも言われています。

恐怖症以外の何か楽しいことなどを考えて気分転換をすることで恐怖症に使われていた力を使わなくてもいいようになりますから、恐怖症に対しての悪循環を断つことが可能です。

恐怖症の治療ではほかのことに集中できるようにしたり薬物を使用したりします。
ラベル:恐怖症治療
posted by nonkyoufu at 22:13| Comment(0) | 恐怖症治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。