2010年08月09日

電話恐怖症?

電話恐怖症というのは電話に対して恐怖感を感じるというような症状なのですが、電話を出るときに人の前で話をしていると人に話を聞かれているのではないかと感じたり、ひとから見られているような気がしているといったような症状です。

人の視線を過剰に意識してしまっていることが原因で、電話に出てもしっかりと話をすることができなくなり、結局何を話したかったのか、相手が何を伝えたかったのかわからないまま電話を切るようなこともあります。

会社で人がいるときに電話に出たり、電話をかけるということができないというのが電話恐怖症の症状で人がいない場合には大丈夫なのですがいざ人がいる前で電話をするとなると恐怖感がこみ上げてくるという人が多いです。

電話恐怖症の人は接待恐怖症やスピーチ恐怖症なども併発しているというケースも多いと言われています。

電話恐怖症になっている人の原因は、人前での電話が苦手というのではない人もいます。

電話に出るのが仕事で、その仕事というのがクレーム対応だという人も中にはいます。電話に出るとお客さんからクレームを言われてひたすら聞いて謝るというようなことをずっとしているという場合には、電話が次になったときにまた怒られると思って恐怖を感じて、気がつかないうちに電話恐怖症になっているという人もいるのです。

また家の電話なら大丈夫なのに携帯の電話が鳴るとストーカーや会社からの呼び出しではないかと恐怖感を感じる人も電話恐怖症になりやすいです。
ラベル:電話恐怖症
posted by nonkyoufu at 17:39| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。