2010年08月09日

社会恐怖症の本当の意味

社会恐怖症という言葉は聞いた事があるでしょう。

社会恐怖症とは、学校や職場などで対人関係に恐怖を抱く症状のことを呼んでいます。

社会恐怖症の人の恐怖心には、人前で話をすることへの恐怖、他人と一緒に食事することへの恐怖、電話をかけたり、人とコミュニケーションをとったりすることへの恐怖症など、さまざまなものがあります。

社会生活を送る上で恐怖症ではない人にとっては特に普通のことなのに、その普通のことに対して恐怖心を抱いてしまうというのが社会恐怖症です。

社会恐怖症の中には日常生活を送る上で、アルコールに過度に頼ってしまう人も少なくありません。

アルコールに頼ってしまう人の多くがアルコール依存症も併発しているのです。

アルコール依存症になる前には社会恐怖症とパニック症候群も併発していたとうこともあります。

社会恐怖症を改善させるためにはどうすればいいのでしょうか。

そのためには、まずは体の症状があるという人は運動やスポーツなどをして筋肉をリラックスさせてみましょう。

精神的な改善方法としては間違った考え、思い込みが人をマイナスな方向へと導きますから楽しく明るいことだけを考えて社会に出ることの恐怖感も捨ててしまいましょう。

そして怖いと思うことに怖がらずに向きあうということも大切なことなのです。
posted by nonkyoufu at 17:46| Comment(0) | 社会恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。