2010年08月09日

雷恐怖症とは・・・

雷恐怖症は雷に対しての単一恐怖症の一つです。

嵐や雷の時にパニックになったり異常な行動をしてしまうというのが雷恐怖症です。

人間でも雷恐怖症になるとい人はまれにいますが、多くの場合がペット、特に犬の雷恐怖症が多いと言われています。

犬の場合の雷恐怖症の症状というのは、普段はおとなしくて静かな犬が、雷がなったら恐怖のあまりに異常な行動をしてしまいパニックになってしまうというようなことがあります。

失禁をしたり、嘔吐を繰り返す、よだれがひどいというのも雷恐怖症の症状の一つです。

もしも飼い主がいない時に雷が鳴ってしまうと破壊行動を行ったり自虐したり、思想するというようなペットもいるといわれています。

雷恐怖症にはタイプがあり、雷だけに反応してしまうペットと、雷以外にもよく似た音である花火の音などにも恐怖を感じて同じようにパニックになるというようなことがあるペットがいるといわれています。

雷恐怖症の原因として考えられるのは小さい頃に音で恐怖を感じた、音慣れしていない、怖い体験がトラウマになっている、体にたまっている電気を逃そうとしているといったようなことが考えられます。

安全な場所へ行きたがってあちこちうろうろをしたり洗面所などの水のある場所へ行きたがったり、狭いところに隠れたがったりするという犬もいます。

雷恐怖症がエスカレートしていくと分離不安症の犬になるとも言われているので治療をする必要があります。雷に慣れさせる治療などを行います。
ラベル:雷恐怖症
posted by nonkyoufu at 17:40| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電話恐怖症?

電話恐怖症というのは電話に対して恐怖感を感じるというような症状なのですが、電話を出るときに人の前で話をしていると人に話を聞かれているのではないかと感じたり、ひとから見られているような気がしているといったような症状です。

人の視線を過剰に意識してしまっていることが原因で、電話に出てもしっかりと話をすることができなくなり、結局何を話したかったのか、相手が何を伝えたかったのかわからないまま電話を切るようなこともあります。

会社で人がいるときに電話に出たり、電話をかけるということができないというのが電話恐怖症の症状で人がいない場合には大丈夫なのですがいざ人がいる前で電話をするとなると恐怖感がこみ上げてくるという人が多いです。

電話恐怖症の人は接待恐怖症やスピーチ恐怖症なども併発しているというケースも多いと言われています。

電話恐怖症になっている人の原因は、人前での電話が苦手というのではない人もいます。

電話に出るのが仕事で、その仕事というのがクレーム対応だという人も中にはいます。電話に出るとお客さんからクレームを言われてひたすら聞いて謝るというようなことをずっとしているという場合には、電話が次になったときにまた怒られると思って恐怖を感じて、気がつかないうちに電話恐怖症になっているという人もいるのです。

また家の電話なら大丈夫なのに携帯の電話が鳴るとストーカーや会社からの呼び出しではないかと恐怖感を感じる人も電話恐怖症になりやすいです。
ラベル:電話恐怖症
posted by nonkyoufu at 17:39| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

恐怖症の治療

恐怖症の治療はそれぞれなにが原因でなにに対して恐怖症になっているのかということに対しても治療方法は違ってきます。

恐怖症になる原因の多くが幼少期のトラウマが原因であるということはよく言われていることなのですが、それに加えて何か不安に感じているようなことがあったり、心の病が原因で恐怖症になるということが多いと言われています。

体の病気に比べると恐怖症は心の病ですからなかなか治療法が見つからないといわれています。なぜ治療法が見つからないのか、それは体の病気においては何が原因であるか特定することが可能ですが、心の病の場合には何が原因で起こっているのかを知ることすらままならないからです。

恐怖症を治療する、克服するということは、何が原因で起きているのかということをまずは見つけることから始まり、それが重要なポイントになってきます。

人というのは何か物事を考えるにあたっては力を使っています。

疲れたり楽しいといった感情も一つ一つ力が使われています。恐怖症のことを考えている時も力を使っています。

恐怖症のことばかりを考えている人は力を使いすぎてマイナスなことばかり考えるようになってしまうとも言われています。

恐怖症以外の何か楽しいことなどを考えて気分転換をすることで恐怖症に使われていた力を使わなくてもいいようになりますから、恐怖症に対しての悪循環を断つことが可能です。

恐怖症の治療ではほかのことに集中できるようにしたり薬物を使用したりします。
ラベル:恐怖症治療
posted by nonkyoufu at 22:13| Comment(0) | 恐怖症治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。