2010年08月03日

男性恐怖症 男性恐怖症 男性恐怖症 男性恐怖症とは

男性恐怖症は女性に多く見られる恐怖症の一つです。

男性とコミュニケーションをとるのが苦手であったり、男性に触れるだけでも不快な気分になったり、不安になったりするというのが主な症状です。

また男性とコミュニケーションをとると顔が赤らんでしまったり、男性と同じ空間にいることすら耐えることができないといった人も多いでしょう。

重症な人の場合には、男性が近くに歩いてきただけでも男性恐怖症の症状を発病してしまうというケースもあるといわれています。


男性恐怖症になった原因は人それぞれ違っているのですが、女性に多いと言われているのが性的被害にあってしまったことがあるとか、父親に小さい頃に虐待を受けたことがある、小さい時に男の子にいじめられたりからかわれたといったことがトラウマになったために男性恐怖症になるというケースは多いと言われています。

しかし恋愛にただ単に興味を持てない人や、男性と付き合うことに対して興味を持っていない人自体を男性恐怖症だと思いこまれることもあるのですが、実際に男性恐怖症といえるのは男性に対して恐怖心を抱いているような症状のことをいいます。

女性に多い男性恐怖症の症状ではありますが、男性でも発症をするといわれています。男性から性的虐待を受けたことがある人などは男性恐怖症になるということもあり、男性が発症した場合には同性であるのに男性と接することができないことから、仕事上でも支障が出てきて大変なこともあります。
ラベル:男性恐怖症
posted by nonkyoufu at 14:27| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉所恐怖症をチェック!

閉所恐怖症というのは恐怖症の一つですが、狭い場所や閉ざされている場所などに危険を感じたり恐怖心を感じるという症状のことを言います。

閉所恐怖症の場合には閉塞感が関係して発症しているといわれています。たとえば閉所恐怖症になるというケースは色々とあるのですが、小さい頃に狭い場所や閉ざされた場所に閉じ込められていたことが原因で、狭い場所に対して恐怖感を感じてしまったという人が多いと言われています。

恐怖感は小さい頃だけでなく大人になってから、エレベーターの故障により閉じ込められてしまい危険な思いをしたということから、それ以降そのエレベーターの事故が原因となって閉所恐怖症にかかってしまったというケースもありますからその原因は色々です。

閉所恐怖症の人というのは、自分では日常生活を送るうえで狭い場所にはいかないように気をつけながら生活をしているので、特に発症するということは少ないと言われていますが、たとえばエレベーターに乗らなければいけない高層ビルなどが会社の場合に、朝に満員のエレベーターに乗るのが毎日苦痛であるというような人もいます。

また通勤のために乗っている満員電車の中が狭くて窮屈で発車時刻が大幅に遅れて止まったままの状態であった場合などに、閉所恐怖症を発症してしまいパニックを起こしてしまうというような人も中にはいます。閉所恐怖症はただ単に狭いというだけでなく身動きが取れない状況にも恐怖感を抱きます。
ラベル:閉所恐怖症
posted by nonkyoufu at 14:25| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性恐怖症とは

女性恐怖症は恐怖症の種類の一つですが男性に多い症状です。

女性とコミュニケーションをとることに対して極端に恐怖心を抱いてしまったり、女性と話をすると顔が赤くなったり、女性と一緒にいるだけで気分が悪くなるといった症状が出る人のことをいいます。

男性なら誰もが思春期に一度はこの女性恐怖症に似た感じを体験することもあるかもしれませんがそれは一過性のもので、大人になってもいつになってもこの不快感や女性に対する恐怖感が消えないという場合には精神的な異常ということになります。

男性によくある症状ではありますが、女性の中にも同じ女性同士なのに女性恐怖症になるという人はいるといわれています。

女性恐怖症になる人の理由はたとえば女性に性的虐待を受けた経験があるとか、小さい頃には母親から虐待を受けていたといった女性に対してのトラウマが原因になっていることが多いとも言われています。

女性恐怖症のタイプや症状は色々とあり、会話をするくらいなら特に問題はないという人も多いのですが、触られたりすると極端に不快感を示してしまうという人などもいます。

女性に近づかれる、触られてしまうと生理的反射で女性を避けてしまうという傾向にあり、女性恐怖症を持病としている男性の中には、自然と女性とかかわりたくないという気持ちが多く、わざわざ男性ばかりの職場を選んだり、女性とお付き合いすることもなく独身でいるという人も中にはいるといわれています。
ラベル:女性恐怖症
posted by nonkyoufu at 14:24| Comment(0) | 恐怖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。